最後はなぜかダムだった

『お客様にご連絡いたします。この列車は吹雪の影響と機関の故障のため、暫らくの間停車いたします。天候が回復し、機関が復旧するめどが立ち次第、出発のご連絡をいたしますので、もう暫らくお待ちください』

 何だよ、せっかく家に帰れると思っていたのに。こんな山奥で止まっちゃって。だいたいなぜ、ダムのほとりに列車のレールが敷かれているの。こんなところに線路を敷いた奴の顔が見たい。って愚痴ってもしょうがないか。
「ねぇパクリ、質問をしても良い? いまさっきまで北海道にいたでしょ、その前は何処かの空港にいて。それなのになぜいまは、新潟県奥遠和ダムのそばにいるの、矛盾していない?」 「その前に、なぜここが新潟県奥遠和ダムだと知っているんだ」 「だって、そこに書いてあるもん」

 確かに目の前には新潟県奥遠和ダムと書かれた一枚のレポート用紙がある。もちろんそれ以外にも書かれている。本音を言えば『疲れた』こんなにいっぱい文字を書く羽目になろうとは思ってなかった。だが、この大冒険も終わりに近づいている、なんとしても書き終えないと。
「あれっ、パクリ。あの人たちって警察官じゃないかな」

 あっ、ホントだー。何でこんな場所にあんなに大勢、警察官がいるんだ。
「乗客の皆さまにお知らせします。このあたりには避難勧告が出されています。直ちに列車から降りられるようお願いします」

 何でここまで来て、列車から降りないといけないんだ? あっ、あのカメラを持った人は新聞記者みたいだ、ちょっと聞いてみようか。
「何か事件でも起こったのですか」
「詳しい事はいえないがダムを乗っ取ったテロリスト集団がいるらしい。君たち何か見なかったかな?」
「いえ、何も見ませんでしたけど」
「これはオフレコの情報だけど、犯人グループは、ダムとダム職員を人質に取って五十億円を政府に要求しているらしい。要求を拒否すれば人質を殺し、ダムを爆発すると政府に対して通告している様子だ」
「その話、本当ですか」
「本当の話だ。だけど心配をする必要はない。確かにダムが決壊すれば、下流域の二十万世帯は一瞬のうちに洪水に飲まれてしまう。そんなことにならないよう、ヒーローがダムの近くに隠れている」
「ヒーローって誰?」
「それはいま、言えない。映画を見る人なら誰もが知っているヒーローだよ」

 何てことだ。ダムを乗っ取るテロリストがいるなんて。まるで映画の中に溶け込んだような……そんなことより、この状況から逃げ出さないと。
「拓海。逃げよう」
「逃げようっていったい何処へ」
「そんなの分んないよ。逃げれる場所まで逃げるんだ」

 ひどい吹雪だ、何でこんな吹雪の中、しかも山奥で逃げ回らないといけないんだ。ウン、何だこの音は?

 パラッパラッパラッパラッ

 何でヘリコプターが頭の上を飛び回るんだ。そうか、犯人が載って逃げまわっているんだな。それとも警察が犯人を追っているのかもしれない。いやいま重要な事は、ヘリコプターのローターが作りだす音と、強烈な風が原因で雪崩が起きる事だ。

 そんなことも知らずにヘリコプターは飛び回っているのか? どこかに行ってしまえ、世間知らずの操縦者よ。

 ほら見ろ、真っ白な雪が崩れ始めた。崩れ始めた雪が白いカーテンを作り出し、その白いカーテンが俺を襲ってくるよー。

 チクショウ、何で雪崩に巻き込まれるんだー。逃げてやる、絶対にこの雪崩から逃げてやる。こんな山奥で死んでたまるか! もがくんだ、ゆきのなかで、必死にもがくと雪崩から逃げられるって聞いたことがある。
「ねぇ、パクリ。こんな階段で白いジャケットだけ着て寝ていると風邪をひくよ。それにもう朝だから起きる準備をしないと怒られるよ。それからひとつだけ聞いてもいい? メールは届いたの、それとも届かなかったの」

さて、次のテクニックです

 さて、次のテクニックです。ブログに記事を書くときって言いたいことがひとつだけでなく二つ三つある場面って誰でも経験することですよね。ですので一つ目を紹介したあとに二つ目の記事に移る必要があります。その場面転換に使うのが「さて」と言う語句です。これを使えば瞬時に話題を変えることが出来ます。

 よく読んでくださいね、上の段落で「さて」と言う語句で書き出していますよね、これで話題が瞬時に変ります。ですが二つ目から三つ目の話題に変えるときに再び「さて」と書くと、わざとらしく感じます。つまり同じ言い方をするから読者が飽きるのですね。それを防ぐ為に使うのが「話は変りますが」と言う表現です。

話題を変えるんだな

 話は変りますが、と書くと読者は「話題を変えるんだな」と勝手に判断します。ですので文章の矛先を変えるときに使うと便利、ただこれも多用すると変なので、私の癖でよく話題が飛びますが、なんて表現もOKです。さらに応用パターンとして「ところが」なんて使い方もGoodです。

 例えば、恋話を書いた後、その結果を書いて文章を結びますよね。そうすると読者はその恋話は終わったと判断します。ところがここで「ところが」と書くと読者は「おっ!! もっと面白い話に転換するのか」なんて期待して、その次の文章も読みたくなるのですよ。

  1. バリ島-シュノーケリング…バリ島に行ったらシュノーケリングをしないといった意味が無い。
  2. ウェルカム‐ボード|似顔絵…ウェルカムボードの中に似顔絵を用いたものがあるらしい。
  3. シニア-ダイビング…シニアになっても趣味がないという方、そういった人にはダイビングをお勧めします。
  4. ハワイ旅行
  5. 安いハイチ観光旅行
  6. 婚約-指輪…結婚指輪と婚約指輪、女性にとって大切なのはどちらでしょうか?
  7. ウェディング-ドレス-MODE…ウェディング‐ドレスを着ている男性がいたら映画の撮影だと思ってください。

―サイト内の文章および画像には著作権が有ります、無断での引用、もしくは盗用など類似行為は禁止されています。―
旅行に行こう、旅立ちは今だ!!

旅行に行こう、旅立ちは今だ!!

  1. 大阪USJと海遊館の巻
  2. 長崎県のハウステンボス
  3. 山陰路の出雲大社の巻
  4. 香港‐ツアーの思い出
  5. 海外旅行・英会話
  6. 旅行代理店-社員の役得
  7. 釣り-広島
  8. ホームページ・作成
個人的なコラムはこちら
  1. 英語の教材
  2. 誕生日プレゼント
  3. 住宅-マンション
  4. 英語の勉強方法
  5. FX-初心者|比較
  6. 通信講座-資格はとても重要
  7. 英語・ことわざ
  8. 圧力鍋は怖い?
  9. 小説-大好き
  10. ネット上の記録
オリジナル創作小説
  1. 小説・パクリ少年の大冒険
  2. 不思議な事って何?
  3. 初体験
  4. ビンのレッテル
  5. メール
  6. 転がると痛い
  7. 自転車のペダル
  8. クリスマス
  9. 幌舞駅
  10. 最後はなぜかダムだった
  11. 携帯版はこちらです。

Suemori Takumu-All Rights Reserved.

旅行に行こう、旅立ちは今だ!!|イメージ画像
HOME|特定商法取引法|個人情報保護法|サイト運営者の紹介|サイトメニューは右側です!!